50代節約diary

フリーター節約主婦の日常を綴っています。

大家族のお盆の過ごし方

おはようございます。

お盆ですね。

皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。

 

りんご家のお盆の過ごし方

妹家族が遊びにやってくるので

ほぼその対応です。

 

小さい頃は大変でしたが

姪も甥もある程度大きくなってきて

大分楽になりました。

男の子は息子たちの方へ行ってくれるので

随分と楽。

 

世の中の人達は実家へ戻って

どんな風に過ごしているのかな?

 

長い時間同じ部屋で過ごすのはだんだん疲れてきますよね。

しかも大きなおうちなら

1部屋でずっと過ごせるかもしれませんが

小さい居間に全員はなかなか厳しい物があります。

 

最近のブームはバーベキューです。

これはかなりイイです!

現在、全員揃うと11人もいるので

普通にご飯作るのも大変。

 

まず、みんなで作れる!

これが最高。

男性の参加率というか稼働率が大きく

女性がラクできますし(笑)

 

子供たちも庭で走り回ったり、

泥団子を作ったり、

水鉄砲をかけあったり・・

何でもありで勝手に遊んでくれるし

イベント感があり楽しいですよね!!

 

今年はコストコにて

BBQ用に肉を調達しました。

 

美味しいのかなぁ?と半信半疑でしたが

牛肉は柔らかくまぁまぁでした。

豚バラは少しカタかった・・・

 

 

そして失敗したのが

解凍

 

すっかり解凍するのを忘れていて

カチンカチンでなかなかBBQが始まらないのでした(笑)

 

炎天下でタッパーを並べてみたりしましたが

かじえもん を思い出して

ネット検索してみました。

 

なんか前TVでやっていたのです。

 

鍋の上に肉を乗せて(ラップで包んで)

上にも鍋を乗せて水を入れる 

というもの。

 

 

今 再確認してみると 本来はアルミが1番いいらしいです。

熱伝導率 がよく速いらしいです。

アルミ鍋、我が家はほぼ底が変化してるので

私はステンレス鍋で実践しました。

 

カチンカチンだったお肉も

乗せたら

やはり少しづつ柔らかくなりました!

これすごいですね。

アルミ鍋だったらもっともっと早かったのかも?

 

 

1cmの厚さで5分らしいです。

昨日のお肉は10cm以上の塊だったので

本当は50分?

待ち切れず30分くらい置いて半解凍で焼きました。

 

ま~来年からは前日か

朝のうちに冷蔵庫へ移しておきたいと

反省しております。。

 

 

蚊取り線香をつけて 虫対策もバッチリ。

皿はもちろん紙皿で。

割りばし。

今年はコップでしたが

来年からは飲み物の器も紙コップにしたいと思っています。

 

 

洗わなくてもいいし

何より危なくない。

ガチャガチャした子供がいる場合は

エコではないけれど

こういうのが安心ですね。

 

 

しめはすいかで

とても良いバーベキューになりました。

 

最近は動画をスマホで撮影しています。

子供たちはすぐに大きくなるから。

そしていつまでもこのメンバーで揃うわけでもなく

家族のカタチが変わっていくだろうから。

 

 

 

そしてご先祖様に感謝です。

 

 

 

「死なないように生きてただけ。」 ズキュンときた言葉

こんにちは。

節約主婦のりんごです。

 

ときたまBSで入っているCSI:マイアミを観ています。

ホレイショが好きです。

シブい!

と言ったところで 

50歳くらいなのでしょうか

海外の俳優さんって老けてますよね~

昔「24」のジャックの年齢も度肝を抜いたものでしたが(笑)

 

今回のドラマに

「今までのわたしは死なないように生きていただけ」

というセリフがありました。

 

 

私もそんな風に生きてきた時がありました。

死なないようにではないけれど

失敗しないように生きてた

 

 

失敗を非常に恐れていたのは

育てられ方が大きいです。

「失敗しないように」

「間違わないように」

と何をするにも言葉の最後につけられるんです親に。

 

恐ろしい話。

好きなようにやりなさい

失敗してもやってみなさい

と言ってくれるような親だったら

きっと絶対に

私の人生は変わっていたでしょうね。

 

 

自分は子供にそんな風に言える親でありたいですね。

 

 

ところで 

最近やっと 自分の足で歩くようになってきた

やっと親の手を離れた私(50代)

 

結構自由で楽しいです。

 

それが母には気に食わないらしい。

どこへ行ってたのか?

何をしに行ってたのか?

把握していないと気が済まないらしく

ストーカー化しています。

 

まぁ、この話は根深いので

今度書くことにして

 

今の私は

「楽しんでいる」人生を生きています。

 

今までの人生って何だったのでしょうか。

 

誰かの顔色を見て 生きる人生はつまらなく

生きてる意味もありません。

 

あとどのくらい生きるのか

どのくらい人生があるのか

わからないけれど

それまで

楽しく生きていきたいと思っています。

 

例えば

周りから 何なのあの人?

おかしいんじゃないの?

と思われようと

 

楽しんでダンスするのはやめれませんし

逆に何でしかめっつらで踊ってる人が

いるのかもわかりません

楽しめばいいのにって思います。

 

楽しんだもの勝ちじゃん

 

 

まぁ わたしもついつい

難しい仕事の話があると

しかめっつらになっちゃう事もありますが

 

仕事はやりたい事を選んだわけではないから

仕方が無い~

やれることを選ぶことが出来ただけ。

 

今度生まれ変わったら

自分のセンスでできる仕事がしたい。

手で出来る仕事につきたいな

今世は・・・遅いかな。

 

 

なんて思わずなんでもやってみようか

これからの人生で見たら

今日が1番若いのだから。

 

何はともあれ

自分の人生、他人のせいにせず

自分で切り開いていきたいものです。

50代、まだまだ若いです。

 

死なないように生きるのではなく、

楽しみたい。

やりたいことをやって生きる。

 

それを肝に銘じたいです。

 

 

 

広く浅くか?狭く深くか? 人間関係はどっちが正解?

こんばんは。

節約主婦のりんごです。

毎日暑いですね。

 

 

ところで人間関係のつきあいですが 

私が楽しいな~って思うのは

色んな人と交流して

少しでも声をかけてくれた方がいたら

その日は楽しかった~!って思う事が多いです。

 

趣味の方面では

なるべく多くの方と

挨拶して 少しだけでも話せたら

満足感があるタイプです。

 

私は共感能力がきっと他人より

秀でているように感じます。

 

他人が何を望んでいるのか

うまく見分けるのが得意で

どんな風に反応してほしいか

わかるというか そんな感じです。

 

なので 色んな年代の色んなタイプの人と

仲良くなるのが得意です。

 

そしてたまに顔を出しても

大抵誰かに声をかけてもらい

なんとなく少しでも話したら

ストレスも感じず 楽しかった~!!

って感じることが多いです。

 

そういう付き合いはさみしいのかな?とも

思うけれど

 

深く狭い関係の友人は

他に数人いるのでそれで十分。

きっと彼女らは私の葬式にも来てくれるでしょう。

 

 さて

こういう私ですが

グループ行動となると結構苦手です。

 

特に職場や複数人のグループになると

とてもみんなと心を1つにすることが出来ず

ずっと違和感や疎外感を抱えたままになってしまうことが多いです。

 

これって子供の頃の運動系か文化系かとか

そういうのが関係あるのでしょうか?

 

もしかしたらそうかも?

オリンピックの団体戦等を見ていて そんな風に

思う私です。

 

団体で金を目指して 獲得して喜び合う姿、

とっても素敵ですよね~!

 

私自身は文科系の女子で

子供時代は運動神経も悪く、

グループでつのものを目指すという経験が

全くなかったので

・・・というよりは

逆に 団体のスポーツなどに出ても

「なるべく邪魔にならないように」とばかり

考えていましたからね。

 

運動神経が良かったなら

きっと性格も随分違ったんではないかなぁと

思う次第です。

 

そんな私も 息子に恵まれ

私と似ないで随分運動神経が良い子たちに育ち

おかげさまで

彼らの部活の応援をする機会に恵まれ

「あ~青春っていいな」

「運動の焦っていいな」と

思わせてくれる機械を与えてもらって

しあわせでした。

 

運動をしてると

団体で目指す場合が多いからか

人間関係の作り方も違うのかもしれませんね。

 

文化部でもみんなでオケをするとか

ブラスバンド等も団体ですよね。

 

なんだかんだ書いてみましたが

どんな経験をしてきたか

が1番なのかもしれません。

 

どっちが正解でもなく

自分に合った人間関係を

見つけていくことが人生の満足感につながっていくのかもしれないですね。