50代節約diary

フリーター節約主婦の日常を綴っています。

「死なないように生きてただけ。」 ズキュンときた言葉

スポンサーリンク

こんにちは。

節約主婦のりんごです。

 

ときたまBSで入っているCSI:マイアミを観ています。

ホレイショが好きです。

シブい!

と言ったところで 

50歳くらいなのでしょうか

海外の俳優さんって老けてますよね~

昔「24」のジャックの年齢も度肝を抜いたものでしたが(笑)

 

今回のドラマに

「今までのわたしは死なないように生きていただけ」

というセリフがありました。

 

 

私もそんな風に生きてきた時がありました。

死なないようにではないけれど

失敗しないように生きてた

 

 

失敗を非常に恐れていたのは

育てられ方が大きいです。

「失敗しないように」

「間違わないように」

と何をするにも言葉の最後につけられるんです親に。

 

恐ろしい話。

好きなようにやりなさい

失敗してもやってみなさい

と言ってくれるような親だったら

きっと絶対に

私の人生は変わっていたでしょうね。

 

 

自分は子供にそんな風に言える親でありたいですね。

 

 

ところで 

最近やっと 自分の足で歩くようになってきた

やっと親の手を離れた私(50代)

 

結構自由で楽しいです。

 

それが母には気に食わないらしい。

どこへ行ってたのか?

何をしに行ってたのか?

把握していないと気が済まないらしく

ストーカー化しています。

 

まぁ、この話は根深いので

今度書くことにして

 

今の私は

「楽しんでいる」人生を生きています。

 

今までの人生って何だったのでしょうか。

 

誰かの顔色を見て 生きる人生はつまらなく

生きてる意味もありません。

 

あとどのくらい生きるのか

どのくらい人生があるのか

わからないけれど

それまで

楽しく生きていきたいと思っています。

 

例えば

周りから 何なのあの人?

おかしいんじゃないの?

と思われようと

 

楽しんでダンスするのはやめれませんし

逆に何でしかめっつらで踊ってる人が

いるのかもわかりません

楽しめばいいのにって思います。

 

楽しんだもの勝ちじゃん

 

 

まぁ わたしもついつい

難しい仕事の話があると

しかめっつらになっちゃう事もありますが

 

仕事はやりたい事を選んだわけではないから

仕方が無い~

やれることを選ぶことが出来ただけ。

 

今度生まれ変わったら

自分のセンスでできる仕事がしたい。

手で出来る仕事につきたいな

今世は・・・遅いかな。

 

 

なんて思わずなんでもやってみようか

これからの人生で見たら

今日が1番若いのだから。

 

何はともあれ

自分の人生、他人のせいにせず

自分で切り開いていきたいものです。

50代、まだまだ若いです。

 

死なないように生きるのではなく、

楽しみたい。

やりたいことをやって生きる。

 

それを肝に銘じたいです。